ようこそ私の本棚へ ねこねこえこねえこさんの本棚より

ようこそ私の本棚へ ねこねこえこねこさんより、素敵な本棚紹介が届きましたよ♪

ねえこさんの、冬ごもりの友は、イギリス生まれのちよっぴり不思議な物語

グリーン・ノウ物語シリーズ

それではみなさん、ねえこさんと一緒に、物語の世界へ参りましょう!

わたしのおすすめ本は「グリーン・ノウの子どもたち」他、グリーン・ノウ物語シリーズです。

10_27


ここ何年か、「冬ごもりは読書」と、冬を楽しみに過ごしています。
読むものは、児童書が中心です。
大人の本、なかでも現代小説だと、いくらフィクションでも
「嘘だぁ~」とか、「そんな訳ないじゃん!」「なんでそうなるの」とか、
文句が心に溜まってしまうので、いつの間にか児童書を読むように...
実は、「時代物だと、はまり過ぎてやめられなくなる、途中でやめるとわからなくなるから」と、児童書を手に取ったのですが、途中でやめにくいのは同じでした。

ところがこの本、「グリーン・ノウの子どもたち」は、読み急ぎたくなるどころか、じっくりと時間をかけて味わいたくなる本でした。
作者ルーシー.M.ボストンさんが、60歳を過ぎてから創作活動を始めたからでしょうか、穏やかにストーリーが流れ、じんわり温かさが広がってゆきます。
物語のはじまりは、小さな男の子が、冬の休暇を大おばあさんのもとで過ごすため汽車に乗り、不安な気持ちで車窓を眺めているシーン。イギリスの東部低湿地帯を行く汽車、この地域は雨が降るとゆっくり水があふれ、ゆっくり水が引いて行く土地柄、でも、季節は冬、季節外れの大雨と、初めてのお屋敷への不安...
ところが、少年を待っていたのは、優しい大おばあさんと庭に集まる小鳥たち、そして不思議なお屋敷...不思議な出会い...
もしかしたら、子どもより、大人の方が好きになる本かな?
これからの季節、窓の外を眺めがち、物語のはじまりと重なる気がします。
温かい部屋の中で、おすすめの一冊です。

このシリーズを読みつつ、この地域が舞台の別の作品を読むのもお勧めです。
フィリッパ・ピアスの作品「トムは真夜中の庭で」「ハヤ号セイ川をいく」その他

因に、グリーン・ノウは、実在するお屋敷です。
イギリスの児童文学を巡るガイド本などに出ていますよ。
写真を見るのも楽しみ方の一つ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妄想会議

妄想会議
妄想会議
妄想会議
妄想会議
昨夜は、花火を見て、おだんご食べて、クッキー作って、妄想会議でした

ギンガムHちゃん、なにやら一生懸命りんごチェックをしております
何かアイデアが、ひらめいたもよう★
スタッフのみんなで作ったアイシングクッキーは、妄想フライヤーになる予定です

あまりの暑さに、現実と妄想の境界線
を見失ってしまう今日この頃ですが、みんなで集まってアイデアを出し合えば、まだまだ、頑張れそうな気がしてきました(^_^)

今年の妄想カフェは11月の3日(土)、4日(日)、5日(月)に開催します
お忙しい中、わざわざルイママまでりんごを届けてくださった妄想レター会員のみなさまありがとうございます!スタッフも、お客様も、楽しく妄想できますよう、あれこれ作戦を練ろうと思います

妄想スタッフのみなさん、暑いから、今は無理しないで、涼しくなってから活動をはじめてくださいませ
無理は禁物、楽しく、楽しく妄想してね

妄想カフェも、はや五回!
これもひとえに、お客様とスタッフの皆さんのおかけでございます
ありがとうございますm(__)m

それではみなさん、本日も良い妄想を!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ようこそ私の本棚へ vol.10 妄想ママの本棚より~

ようこそ私の本棚へ

今回は妄想ママの本棚です

夏ですね

そろそろ学校も夏休みかな・・・

夏休みの宿題は、いつも最終コーナーを回ってからの短期集中型だった私。。。

わからない所は、友達に答えを教えてもらって解答欄をとりあえず埋め、最後に残るのはたいてい読書感想文

コレばかりは友達を頼るわけにもいかず、毎回悪戦苦闘してました^_^;

近頃は出版社も夏になると学生向けに(たぶん。。。)色々楽しい演出をしてくれますよね♪

いいな、今時の学生さん(^<^)

本屋さんでもらってきた、かわいい文庫本案内三冊

7_24

各社とも、たのしく読めるようになってます♪

サイトもなかなか工夫されてます

壁紙もらえたり、自分専用の本棚作れたり・・・

集英社ナツイチ

角川文庫 ハッケンくん

新潮文庫 Yonda?くん

ようこそ私の本棚へvol.10

永井宏さん【 夏の仕事 】 

7_22

昨年4月にみなさんに惜しまれながら他界された永井宏さんの著書です

1998年7月27日 メディアファクトリー発行

文章とイラストと写真と・・・様々なものをぎゅっ!と詰め込んだ永井さんの作品集

時にお茶目で、時にお洒落で、空想の世界のお話かと思えば、たった今、自分の目の前にある、ほんの日常のことかな・・・と思ったり

葉山の海、横浜の中華街、ベトナムの町並み、お気に入りの近所のカフェ・・・一瞬にしていろいろな場所の夏へのタイムトリップ

それは小さな物語だったり、数行の散文だったり、ブリキの作品だったり、不思議なイラストだったり・・・

ちよっと恥ずかしい気もするが、私の好きな永井さんの散文を幾つか・・・

朝早く、砂浜のいちばん端から端まで足跡を残そうと思って波打ち際をしっかりと歩く。

 真ん中あたりで振り返ってみると、自分の歩いてきた跡が遠くの方まで続いている。

 ふらふらしないで、こんな風に歩けたらと、ちよっと思う。

 

 

ヨットレースの大きな優勝カップを拾った。

のところが壊れていて磨いても綺麗になりそうもないから、絵の具を塗って文様を描いたら、自分だけのトロフィーになった。

誰かに賞をあげたくなったら、それをこっそり差し出してみたい。

 

あくびをしたら心の中の嫌なものが全部外に出たような気がした。

 でもすぐに眠くなってしまって、そのことを忘れた。

 そしてまた大きなあくびをしてみようと思ったら、今度は溜め息に変わってしまった。

 

 

自分の好きな衿の形というのがあって、それはもうほとんど生理的なものだ。

シャツでもジャケットでも瞬間的にわかる。

 すると全体の形や柄なんかもどこか共通するものがあって、知らないうちに自分の服のスタイルができあがってしまっている。

 いつも同じようなものを着ていると思われているかもしれないけど。

 

手に何も持たないで出掛けたい。

必要なものだけポケットに入れて街をぶらぶらする。

でも、きっと帰りには紙袋かなんか下げていたりするんだけど。

 

 

どこか明るくて楽しそうなところに旅行がしたくて、みんなで貯金をはじめた。

一年たったら神様の贈り物みたいに航空券を手に入れて、知らない街のカフェでお茶を飲む。

 

 

永井さん、勝手にいっぱい紹介しちゃって、ごめんなさい!

そして、すてきな作品をありがとうございます。

以前は、なんとなく読み流してしまっていた“あとがき”に今、グッときます

夏の仕事・・・をはじめとする永井さんの本棚

みなさんいも是非覗いていただきたいです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妄想便りVOL.2

第5回妄想カフェ「ようこそぼくらの本棚カフェへ」にむけてスタートした、妄想企画

みんなでつくるりんごの本の木

ルイママで、この木をご覧になった方もおられるでしょうか? 

りんごを同封した、妄想フライヤー「妄想たよりVO.2」の配布が始まっております

みんなのオススメ本を紹介したミニブックを添えて、りんご印のコーヒーフィルターを封筒代わりに使ってみました♪

6_8

6_7

このお便りをまだ入手していないあなた

ルイママ、古書真昼造船さんmomo*cafe'さんでもらってね

6_9
今日はアメリカンチェリーとホワイトリカーで果実酒を作ったよ

ちょっと甘めのルイママの果実酒

秋が来る頃、きっとおいしく仕上がってるよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようこそ私の本棚へvol.9 真昼造船さん

眩しいほどの西日を浴びるりんごの木

りんごの実がたくさん集まってまいりました♪

りんごの木・・・足りるかなぁ。。。

本日はちょっとご無沙汰してしまった本棚紹介ですよ~

ようこそ私の本棚へ

今回は古書真昼造船イチシマさんの本棚より

田中美穂さん著【わたしの小さな古本屋】

 

6_6

倉敷の名物古書店【蟲文庫】(むしぶんこ)の店主、田中美穂さんのエッセイです。

「そうだ!古本屋になろう」と決めてしまってから、あっという間の18年。

色々なエピソードの中から、人生を楽しむコツが伝わってきます。

古本になじみの無い方にもオススメの一冊です(^_^)

さすが古書店主★

同業者作品をおすすめいただきました

個人的にはイチシマさんにも、一冊執筆願いたいところであります(^_^)

実はこの本には、ルイママ日和の中にも時々登場する、永井宏さんのエピソードが綴られています

ルイママ文庫にも一冊置いてありますのでご興味のある方は手にとってご覧ください

古書真昼造船さん

6月はいろいろなイベントに出店されるようです

★6月10日(日)新潟市一箱古本市

★6月16日(土)・17日(日)三条市御坊市

わぁ~楽しそう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようこそ私の本棚へ vol.9 おべんとママさん

秋に開催予定の5回目の妄想カフェ“ようこそ僕らの本棚カフェへ”にむけての妄想企画

【みんなで作ろう!りんごの本の木】がスタートしております

みなさんも是非ご参加くださいね

先日はりんごポストの設置店、古書真昼造船さんで妄想プチ会議★

ドキドキしながらの、私の妄想クエッションに、妄想いっぱいの素敵な回答をいただきました

さすがムッシュ・イチシマ

何かねぇ、真昼さんでりんごポストをご利用の方には、どぉやら素敵なプレゼントがあるらしいよ~

さてさて本日の本棚は、おべんとママさんからのおすすめ本

4_17

阿部了さん写真、奥様の直美さん文章のおいしい一冊★【お弁当の時間】

わたしのおすすめ本は、全国各地のみんなのお弁当を、おいしそうな写真と文章で綴った、おべんと読本“お弁当の時間”です

“お弁当の時間”は私のお弁当作りの参考書にもなっています

私がお弁当の魅力に気づいたのは、けっこう大人になってからのこと。 自分のと、言うよりは、家族のお弁当をつくるようになってからです。 毎日のお弁当作りは、眠くて大変だけどどうせなら作る私も楽しみましょう♪ということで彩りをいちばんに重視した、けっこうワンパターンなお弁当作りが始まりました。 そんな私の救世主がこの一冊。 実際、ページをそのまま真似てお弁当を作ることもあります。 年齢、職業、性別を問わす、色々な人のお弁当がちょっとしたエピソードとともに紹介されています。 おいしそうな写真がとっても魅力的ですが、添えられた文章がまた良いのです。 さあ、そろそろお昼時 今頃おべんと開いてるかな? 今日はハートの玉子焼きが入ってるよ♪

阿部さんのお弁当写真も登場するこの番組もおすすめです。今夜ですよ~。

サラメシ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ようこそ私の本棚へvol.8ルイママ春のおすすめ本

秋に開催予定の5回目の妄想カフェ“ようこそ僕らの本棚カフェへ”にむけての妄想企画

【みんなで作ろう!りんごの本の木】

おかげさまで、おいしそうなりんごが、たくさん収穫されております

みなさん素晴らしいです

ルイママでは、妄想便りの第二号発行に向けて準備が進んでおりますよ♪

まだりんごをもらっていないあなた、是非お便りを入手してくださいね

妄想レター会員の皆様には、もうちょっとしたらお手紙が届きますのでどうぞお楽しみにっ(^_-)-☆

さてさて本日のおすすめ本は、軽井沢からやってきた、ちょっと変ったミニブック

ルイママの本棚からどうぞ~~

ようこそ私の本棚へ

 

ルイママ春のおすすめ本は、軽井沢のブックカフェ麦小舎さん発の、素敵なおでかけ読書MAP“森とさんぽと読書とわたし”です

 

1_24

 

 

こちらはルイママでも人気のリトルプレス“Forest&me”の番外編★

 

この冬は軽井沢も例年以上の寒さで大変だったようですね

 

ゴールデンウイークでも、まだ残雪が見られるようです

 

もう少し暖かくなって、森が動き始めるころに、この地図を持って長野にお出かけ♪なんていうのも良いですね♪

以下、麦小舎さんのHPより転写★

Forest & me. 番外編
森とさんぽと読書とわたし【NEW!!】
2011年10月発行
A3サイズ MAP折り 両面カラー印刷 OPP袋入り
価格150円(税込)         

contents
  • 本のある6つの風景
  • 軽井沢近郊 おでかけ読書MAP

    • 片面には、軽井沢近郊の「場所」と「本」にまつわる6つの小さなコラム。
      なにげなく訪れた場所に流れていた音楽や匂いなどが忘れられない記憶として残るように、
      それぞれの場所には「本」にまつわる記憶や物語も隠れていて…。
      大切な、とある場所にまつわる、とある物語を、書き留めました。
      もう片面には、イラストもかわいい「お出かけ読書マップ」が載っています。
      ここ北軽井沢や軽井沢を中心にぐるり数十キロのエリアの、読書にうってつけのカフェや、
      本に出合えるスポットなどを、独断と偏見でお薦めしております。
      ブックツーリズムのお伴にどうぞ。

    1_25_2

    楽しくて実用的な、この読書マップの、県央版みたいなのがあったらうれしな♬

    誰か作ってくれないかな?

    みなさんご一緒にいかがでしょうか?

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    ようこそ私の本棚へvol.6ゆきナさんvol.7ikuo.さん

    先ずは明日23日、営業時間の変更のお知らせです
    本日は都合により6:00ラストオーダー7:00閉店とさせていただきます
    よろしくお願いします

    3月も末というのに、寒い日が続きます
    みなさん風邪などひかれてませんか?
    この寒さで梅や桜の開花も遅れているようです
    お花見もまだちょっと先かなぁ~
    ようこそ私の本棚へ
    今回は、お散歩大好き♪モウソウシャシンブ*ゆきナさんの本棚をご紹介しま~す

    3_20

    私がオススメするのは有川浩さんの「植物図鑑」です!
    まず女の子前にイケメンが落ちてくるという設定に萌え
    読んでてニヤニヤしっぱなしのラブコメです(笑)
    そしてタイトル通り植物がたくさん出てきます
    本文に出てくるのですが
    「雑草という草はない。それぞれに名前がある。」
    という昭和天皇のお言葉が印象的で
    身近にある野草がいろいろ登場するので
    お散歩好きの私にとってはそこもお気に入りです☆

    モウソウシャシンブ ゆきナでした♪

    続きましては妄想スタッフikuo.さんの本棚より
    児玉清さん “たったひとつの贈りもの~わたしの切り絵のつくりかた”

    3_21

    切り絵だけどコラージュに近い本。
    私は今までコラージュは初めに素材を作ったり買ったりするところから始ていました。
    けれど、この本は雑誌から素材を切り取っている。
    思い通りの柄がなくても、勢いで貼ってみる。
    その即興性がおもしろい。
    私に新しいやり方を教えてくれた本です。

    ほうほうなるほど!どちらもおもしろそうな本ですね
    女の子前にイケメンが落ちてくる・・・つてスゴイですね~

    「植物図鑑」という堅そうな雰囲気とのミスマッチ!気になります★
    そいてそして楽しそうな切り絵の本★それもあの児玉清さんの!
    前回の妄想カフェ○○なお茶会のメインキャラクター★珈琲男爵★はikuo.さんがこの本を参考に作成したものなんですねぇ~
    可愛くて捨てられない・・・そんな雑誌や包装紙をうまく活用できたらうれしいですね

    | | コメント (4) | トラックバック (0)

    Mou5 ようこそ私の本棚へ vol.4ルイジアナママvol.5藤丸様

    あの、大きな震災から今日で一年

    2時46分は、お仕事中でしたが、小さな音でラジオを聴きながらすごしました

    良い番組でしたね★

    さてさて、そんな私の本棚から一冊

    愚~日本一心 吉川晃司

    3_17_2

    吉川晃司、好きなんです★

    先月から、ルイママ文庫の中で異彩を放っているこの一冊

    同じく吉川ファンのお友だちに進められて手に取りました

    他の本と比べて明らかに浮いておりまして、、、その分、お客様の手に多く触れられております

    東日本大震災の後、偽名でボランティア活動を続けた氏の、現地での体験や、若かりし頃の、ちょっぴりやんちゃな事件の数々・・・

    被災地の支援のために・・・、と開催したCOMPLEXのチャリティーライブ

    若い頃は、真っすぐで、生意気で、不器用で、いいな~って思ってたけど、歳を重ね、更に大人の魅力も加わり、有限実行★無敵のカッコよさです

    3_18

    続きましてはこの記事のコメント欄より藤丸様のおすすめ本のご紹介です

    私は忌野清志郎の【ロックで独立する方法】をおすすめします。こちらも生き方がかっこいい。この本はロックだけでなくモノツクリをする人、独立する人にもバイブルとなる一冊かと。

    藤丸様★素敵なコメントありがとうございます!!!

    ようこそ私の本棚へ

    あなたのおすすめ本も教えてねinfo@l-mama.jp

    | | コメント (4) | トラックバック (0)

    Mou5 ようこそ私の本棚へ vol.2ギンガム&vol.3momo*cafe'さん

    秋に開催予定の妄想カフェ【ようこそぼくらの本棚カフェへ】にむけて、ゆっくりスタートした妄想企画【ようこそわたしの本棚へ】
    本日は二つの本棚をご紹介しま~す♪
    ギンガムの本棚から【それからはスープのことばかり考えて暮らした】
    3_16_2
    路面電車が走る町に越してきた青年は、すれ違う人がみな同じ紙袋を抱えていることを不思議に思う
    茶色い地に白いインクで【3】とだけ刷ってある謎の紙袋
    余談ではありますが、私、紙袋のガサゴソいう音がけっこう好きだったりします
    さ~て、この紙袋・・・中身はいったい何なんでしょうか?
    【それからはスープのことばかり考えて暮らした】
    それからの【それ】って何?スープのことばかり考えてって・・・なんかうらやましいなぁ~
    まずは、素敵なタイトルにひかれて手にしたこの一冊★スープのように温かい、良い一冊でした
    ごちそうさま!
    なお、レシピ本ではございませんが、巻末には【名なしのスープのつくり方】なるおまけもついております(^_-)-☆
    続きましてはmomo*cafe'さんの本棚より【エルフさんのお店】
    3_15_2
    「エルフさんのお店」紹介させてください★
    もともと、娘がひとめぼれをした本なのですが、
    今ではすっかり親子で取り合いっ!
    「妄想」をこよなく愛する方なら、す~っと入ってくるであろう
    エルフさんの世界観、、、
    純粋に、ただただ純粋に、開きたい本。。。
    乙女のころよりずっと前の・・・
    気持ちをこの本が、思い出させてさせてくれるかも?!
    ようこそ私の本棚へ
    みなさんの本棚も募集中!です(^_-)

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    より以前の記事一覧